このたび新部門として住環境改善推進グループ「ホリスティック部」を設け、今問題のシックハウス症候群及びゼンソク・アレルギー等人間にかかわらずあらゆる動植物に対しても健康という目的を持って製品の販売を始めました。