ウレパックはポリウレタン樹脂を基材とし、更に物性向上に特殊添加剤を 加えた二液性常温硬化型の塗布防水剤です。
 ウレタン樹脂がもつ優れた性質(耐薬、耐熱、耐寒、耐候、耐摩耗性)により形成された塗膜はゴム状弾性を呈し伸縮性に極めて優れているため、高度の伸縮性等の厳しい条件を必要とする防水、空隙の充填に最適であり、益々 高い性能、施工性、経済性を要求される近代建築、土木の防水材として、在来のアスファルト、モルタル防水、シート防水にとってかわりつつあり、各方面にわたり絶大な信頼を博しております。
1




亀裂に強い
ゴム弾性を有する強力な防水膜が得られますから、下地の伸縮によく追従し亀裂が入っても亀裂抵抗を発揮します。尚防水膜は耐水性であるため水による膨潤の懸念はありません。
5


有利な経済性
1回塗りで仕上るので施工費が安く、万一事故で 洩水しても補修が簡単に出来ます。
2



耐久性が抜群
老化、オゾン、紫外線による劣化、熱による材質変化、肉やせ等は殆どみられません。従って施工後は長期間実用に耐え得る事が出来ます。
6



温度変化に強い
−50℃〜120℃の温度範囲においても硬くな ったり、柔らかくなったりせず安定した物性を示し ます。
3




施工が簡単
複雑な仕上がり部や継目部の施工が容易にでき、又無溶剤ですからゴムヘラ、フロアーワイパー等で1回塗りで(1工程)厚塗りができ工期が極めて早い。1日で仕上ります。
7



軽量で強靭
小さな塗布厚で完全な防水層が得られ、歩行用で もシンダーコンクリート不要で30〜40mmの保護 モルタルで充分です。
4



耐薬品性
下地が合板、モルタル、金属等であっても浸すこ となく、防水膜は酸、アルカリにも耐えることが 出来ます。
8



無公害で衛生的
タール等の発ガン物質を含んでおらず、又タール のような悪臭もなく、衛生的で安全です。
■性状
外 観
主 剤
透明粘稠液
混合比
(重量比)Kg
主 剤
1.0
硬化剤
黒色粘稠液
硬化剤
2.0
粘度(25℃)
(BH型回転粘度計)
主 剤
9,000c.p.s
比 重
混 合
約1.25
硬化剤
21,000c.p.s
可使用時間
20℃
40分
混合液
17,000c.p.s
硬化時間
20℃
8時間
■性能
              物性項目
試験項目
硬 度
(ShoreA)
伸 び
(%)
100%
モジュラス
(kg/c?)
杭張力
(kg/c?)
引張強度
(kg/c?)
20℃
42〜40
900
(450以上)
10.0
47.5
(25以上)
17.5
(15以上)
-20℃
45〜43
800
(250以上)
15.0
65.0
35.0
60℃
40〜38
650
(200以上)
9.0
30.0
13.5
耐酸性(3%H2SO4に室温1週間)
37〜36
870
(300以上)
8.7
48.2
16.3
耐アルカリ性(飽和Ca(OH)2に室温1週間)
38〜36
820
(300以上)
8.5
45.0
16.0
耐候性  W-O-M 500H
     W-O-M2000H
45〜43
40〜38
840
(300以上)
760
9.9
9.8
51.3
44.4
20.5
18.7
伸び時 劣化 80℃オーブン1週間
合格
紫外線/250時間
合格
加熱収縮率(80℃オーブン1週間)
-0.8%
(-4〜-1%)
杭張積
855kg/cm
(300kg/cm)
(註)(  )内数値はJISA6021規格値です。
■耐薬品性
薬品名
判 定
薬品名
判 定
5%塩酸
飽和食塩分
10%塩酸
20%塩化アンモン
5%硫酸
20%硫安
30%硫酸
×
5%酢酸
5%硝酸
ガソリン
30%硝酸
灯油
5%クローム酸
×
機械油
5%リン酸
大豆油
30%リン酸
×
メタノール
30%アンモニア水
酢エチ
飽和水酸化カルシュウム
アセトン
5%苛性ソーダ
ベンゼン
50%苛性ソーダ
トルエン
×
5%食塩水
トリクレン
×
常温28日間浸漬 ○浸されない △多少浸される ×浸される

業者の方へ

製品のみの発送もいたしますので下記迄連絡お願いします。
尚、商品・施工に関してのご質問等ありましたらご遠慮なくご連絡して下さい。

株式会社 城山堂

香川県仲多度郡まんのう町長尾2237
  TEL 0877-79-2758 FAX 0877-79-3587